外資系での仕事

【外資系での仕事】外資系における仕事と人間関係

今日から外資系企業で勤める「外資系あるある」について書いていこうと思います。

こんな方におすすめ

  • 外資系企業で働きたいけど外資系企業ってどういう雰囲気なんだろ?
  • 外資系企業における仕事や人間関係って実際はどうなんだろう?

 

ただ、先日のこの記事でも紹介しましたが、外資系といってもいくつか種類があるので、結局は業種であったり本社がどこか?など、会社の状況によって大きく変わってくるところもあります。

【外資系での仕事】外資系企業における2タイプの特性

今回は外資系企業における2タイプについて話していきたいと思います。 一般に「外資系」というとどんなイメージでしょうか?   ・年功序列がなく成果主義 ・英語がばんばん飛び交う ・高い給料 & ...

続きを見る

 

自分の外資系における経験についてはこちらのように普通の人よりは多岐にわたると思いますので、参考になるところもあると思います。

参考:自分の経験

業種 外資/内資 経験年数
SIer 内資 3年
通信・IT 外資 5年
製薬 外資 3年
製薬 外資 2年

 

残業・ワークライフバランス

外資系のイメージって定時で帰れる(^^)、とかワークライフバランスがしっかりしている!というイメージがある思います。

初めに言ってっておきます。

その幻想はとりはらってください!

アメリカ人が仕事しない?そんなことないです。

もちろんバックオフィスのようなサポート業務や定時できっちり帰る人はいます。

ただ、アメリカ人でもいわゆるワーカホリック(仕事中毒)もいて、日本の午後(アメリカの深夜)にも関わらず、バシバシメールを送って仕事しまくっている人もいます。

しかも、日本側の組織が小さい場合、本社時間に合わせて会議が設定されているものに出る必要があり、深夜の電話会議なんて当たり前です。

ただ、日本企業と大きく違うのは、リモートワークなどがかなり全社規模で導入されているんので、仕事への柔軟さはありますので、家に帰ってご飯を食べてから電話会議、というようなことは日常茶飯事です。

シンガポールオフィスにいたインド系の人もシンガポール時間の朝6時からの会議に出るとか、そんなことやってました。

ただ、ヨーロッパ系で働いていた時の経験として、ヨーロッパ系は比較的ワークライフバランスがしっかりしているのを感じました。あまり夜遅い時間のメールも少ないですし、残業も少なかったですね。

 

人間関係

飲み会など

日本会社のような上司といやいや付き合うような飲み会は皆無でした。日本色が強い外資になると若干上司との付き合いや飲み会も出てくきますが。。

とはいっても、人間関係がギスギスしているわけではなく、仲のいい人とは仕事後に飲みに行ったりすることはありました。

キックオフのような年始、年末のような特別な時期には会社主催のパーティーがあり、これは参加がほぼ必須です。

 

日本の場合は飲みュニケーションという言葉ある通り、業務以外の付き合いというのがどこかで重視される傾向があるのですが、外資系も皆無とは言えないのも事実です。

結局、最終的には人間関係があり、仕事以外の部分で自分のやってきた成果をアピールするために、何かしらの形では良好な人間関係を作る必要があるという結論です。

やるべき仕事はやって、正しく人として接し、最終的に評価されるということですね。(昇進・昇給につながる)

 

人の入れ替わり

自分が忙しくなっているのはこれに関わってくるのですが、外資系はやっぱり人の入れ替わりが激しいです。。

しかも引継ぎ書などの文章やマニュアルも明確になかったりするので、引継ぎで分からなくなるなんてことはよくある話で、最終的には引き継いだ側の力量にかなり左右されます。

最近同僚の転職があり後任も決まりましたが、完全に同スキルの人を見つけるのは難しく、結局PC系のスキル不足で、サポートに奔走しています。。。

当たり前ではあるのですが、外資系企業については、従業員=コストであり利益を下げるものであり、できる限りスリム化を図っているという考えがどこか奥に眠っている印象です。

そのため、IT系のツールの導入にはかなり積極的だともいえますが、その分退職が起きた後に残った人にかかる負担は大きくなります。。

 

【外資系での仕事】退職編~引継ぎのポイント~

今回は外資系における退職について書いていこうと思います。 外資系というと"転職"という印象が強いと思います。 自分も今の会社が4社目で、またどこかのタイミングで転職しようとしています。 ただ、それは一 ...

続きを見る

 

人間関係に関するまとめ

ちょっと内資系と外資系における仕事のメリットとデメリットをまとめてみるとこんな感じになると思います。

メリット デメリット
内資系 終身雇用制度により「クビ」になることはほぼあり得ない 飲みュニケーションに代表されるような業務時間以外の飲み会や付き合いがある。
外資系 仕事は仕事と割り切り、業務以外に発生する上司との付き合いは少ない 評価が成果に直結するため、しっかりとした成果が出せないとクビになる可能性がある

 

まとめ

仕事について、残業に関するところと人間関係に関してまとめました。

絶対的に言えるのは、残業に対する考えやワークライフバランスについては外資系の方が圧倒的に明確な考えを持っています。

最近戦争のことを色々勉強していますが、日本人はどこか精神論で語られるところが多いと思います。戦争で火力で劣っているときには突撃する。仕事が出来なければ残業して穴埋めする。

下記の本で沖縄線の戦略参謀の方が語られています。

外資系企業に転職したい方へおすすめの記事です。

自分の経験をもとに転職で成功する方法をまとめていますので、外資系への転職を考えている方は合わせてお読みください。

参考【2021年版】外資系企業への転職に成功する方法

成果主義やワークライフバランスが出来るというイメージで外資系企業に転職したいという人は多いと思います。 外資系企業に転職したいという人は多いと思いますが、出来るだけ効率的に転職活動をしたいというのは誰 ...

続きを見る

参考外資系企業の転職におすすめの転職エージェント5選

      外資系企業に転職したいという人は多いと思いますが、出来るだけ効率的に転職活動をしたいというのは誰しもが考える目的だと思います。 自分は現在5社目で、新卒は日系 ...

続きを見る

参考外資系企業への転職に強いおすすめの転職サイト

外資系企業に転職したいという人は多いと思いますが、出来るだけ効率的に転職活動をして、良い会社に入りたいというのは誰しもが考える目的だと思います。 自分は現在5社目で、新卒は日系企業でしたが、それ以降の ...

続きを見る

 

 

 

-外資系での仕事

Copyright© キャリア坂~win-winでキャリアを作る~ , 2021 All Rights Reserved.