転職

【転職ノウハウ】退職を考えている人へ

こんにちは、daikonです。

 

今回は、転職活動によくある疑問の、

・次の仕事を決まってから辞めればいいのか?

・次の仕事が決まる前に辞め、辞めてから転職活動をするのか?

という点について書いていきたいと思います。

辞めたいときってすぐに会社を離れたいんですよね。だから、まずは退職をしてから転職活動をするという人も多いと思います。

2社目から3社目が仕事を辞めてから転職活動を行い、3社目から4社目では次の会社が決まってから退職をしました。両方経験した自分にとって、最終的には「仕事が決まってから退職をする」を推したいのですが、正直自分としてはメリット・デメリットがあると思います。

また、やっぱり辞めたいときはすぐに辞めたいのが人の心情でもあると思いますし、辞めてから転職活動をしたのが上手くいったこともありますので、それぞれの「次の会社が決まってから退職する」面から色々書いていきたいと思います。

 

ケース紹介(次の会社が決まってから退職する)

自分は、3社目から4社目に転職した時がこのケースでした。知人の紹介された会社になり採用通知を頂いてから退職の手続きに入りました。

 

知人から紹介をしてもらうために必要なこと

 

こう書くとスムーズで羨ましいという声も聞こえますが、それ以前にも何度か退職を考えたことがあり、仕事をしながら転職活動をしていた時期も、もちろんありました。

 

メリット1:給与面の安心感

何より、次の仕事が決まるまでの不安がなくなるのが一番大きなメリットですし、様々な人がこの点を推す一番の理由でもあります。

やはり仕事が決まる前に辞めると、基本的には給与がゼロになる期間があります

もちろん制度を使えたりすると、前職の給料に応じた一定の給料を一定期間もらえることもありますが、給料がゼロになるということは生活費が困ってきます。

そうすると次の会社が中々決まらないことで段々焦ってきて、条件を下げたり妥協して次の会社を決める可能性が出てきます。

 

メリット2:退職時の交渉が楽

退職を伝えるとき次の会社が決まっていると、上司は諦めざるを得ないのですぐに退職に向けて動くことができます。次の会社が決まる前に伝えて、何度も止められたことがありました。

ありがたいことではあるのですが、次の会社が決まる前に辞めるということは、通常の上司であれば引き留めに入るので、強い意志を持って伝える必要が出てきます。

 

メリット3.職場の環境が変わる可能性がある

すぐに決まったらそれは運命なのですが、転職活動をしていると面接に落ちたりしてスムーズにいくことのほうが少ないとは思います。

自分は2社目で退職を悩み、次の会社が決まっていないときに上司に退職の意思を伝え引き留めをされているときに起きたのですが、日本支社のトップが変わることが起きました。

外資系だとトップというのは数年で変わるのでよくあることですが、日本支社のトップが変わったことで、職場の雰囲気がガラッと変わりました。

当時退職を考えていた理由の一つが職場環境だったので、これは非常に自分にとって会社にいる転換点でした。今でも当時を振り返り、「辞めないで良かった」というのが本音です。

 

デメリット1.時間のコントロールが大変

仕事をしながら転職活動をすると、業務と面接との両立が大変なところがあります。

一度突発的な残業で面接の時間を直前になってキャンセルしたことがありますが、これをやってしまうと一発で応募している会社はアウト、という可能性が非常に高いです。

そして仕事をしながら面接をするような場合、企業研究などに時間を割く必要もあり、かなり精神的にも体力的にも疲れるところが出てきます。

デメリット2:有給期間

これは人によると思うのですが、、次の仕事が決まると同時に上司に退職の意思を伝え、最終出社日を伝え、退職の手続きに入っていくと思います。

新しい会社についても出来るだけ早く入社してほしいので、大体通知を貰ってから長くても1.5か月以内の入社時期になるでしょう。

自分としては出来るだけ会社には迷惑をかけたくないので、引継ぎなどを考えると上司に伝えてから1か月ぐらいは仕事をすることになると、退社してから次の会社への入社の時間が少ないのがデメリットです。

社会人にとって長期に休める時期は夏休みのような長期休暇か、転職の時期なのでこの期間を充電期間にして有意義に使うことは非常に重要です。

ただ、自分も本来は2週間程度有給を貰ってのんびりしたかったのですが、引継ぎなどを考慮して1週間の有給で4社目に行くことにしました。

転職を考えてる人へ

究極的に退職を決める理由は「人間関係」にあると思っています。なので、どうしても続ける状況が難しくなり、次の会社が決まる前に退職するという方もいらっしゃると思います。

頑張り続けて病気になるという可能性もありますし、自分は強く「次の会社が決まってから辞めるべき」というのは言えないと考えています。

今の会社で頑張り続けるリスク > すぐに辞めて次の会社が決まるリスク

の状態であれば、すぐに辞めるというのも重要なオプションだと思います。

ただ、すぐに辞めた時には、無給期間に突入してしまうのでスキルがないと、すぐに決まらずに段々焦ってきて、条件を下げたり妥協してきてしまうという可能性もあります。

なので、すぐに次の会社を決めることができるようなスキルや実績づくりはしておきたいです。

 

スキルや実績を効率的に身に着ける方法

【キャリアップ】リターン5倍。最高の投資方法は自己投資に限ります

こんにちは、daikonです。 今回は自己投資の重要性について書いていきたいと思います。 投資については、株式投資とか不動産投資、FXなど色々な方法があります。自分も不動産投資に興味があって色々な人に ...

続きを見る

年収アップのために絶対に必要な思考①

こんにちは、daikonです。   今回は年収アップに絶対に必要な思考について書いていきたいと思います。 これまで、SE、プロジェクトマネジメント、営業サポート、営業企画などなど色々な職種で ...

続きを見る

年収アップのために絶対に必要な思考②

こんにちは、daikonです。   今は夏休みで、マレーシアにあるランカウイ島にきて、のんびり過ごしています。 何もしない贅沢で、こんな感じの所で本を読んだりプールに入ってのんびりしています ...

続きを見る

 

-転職

Copyright© キャリア坂~win-winでキャリアを作る~ , 2021 All Rights Reserved.