英語

Bizmates(ビズメイツ)で人気講師や自分に合う講師を見つける方法

Bizmatesには1,300人を超える講師が在籍されています。

無料体験でどの先生を選べばいいのか分からなかったり、実際にBizmatesを受けられている方で講師選びに迷っている方も多いと思います。

実際に自分も最初は試行錯誤しながら、色々な講師の方を受けてきました。

非常に講師の質は高いのですが、自分に合わないな。。と思う講師の方とレッスンをしたこともありました。

今回はBizmatesで人気講師を選ぶ方法や、Bizmatesで自分に合った講師を選ぶ方法について解説をしていきます。

こんな方におすすめ

  • Bizmatesにいる人気講師を知りたい
  • Bizmatesで自分に合った講師の見つけ方を知りたい
  • Bizmatesの受講生からおすすめの講師を知りたい

 

Bizmates(ビズメイツ)の講師について

Bizmatesでは採用率が1%を超える高いハードルがあるので、Bizmatesで講師をされているだけでそれなりの実力を持っている先生であるのは間違いありません!(ここはBizmatesの採用基準を信じましょう!)

また厳しい採用プロセスを通過した後も、「受講生からの評価」「レッスンのモニタリング」をスーパーバイザーが適宜フィードバックする仕組みがあります。

 

 

BizmatesのChief Operating Officerである方が、インタビューの中でもこのようにお話しされています。実際にレッスンを受講していく中でも、先生の質の高さは非常に高いものがあります。

私たちが採用している人材は他のスクールが求める人材像とは異なります。私たちは、「英語教師」を求めていません。

私たちの採用チームはグローバルビジネスで活躍できるだけのスキルを持つビジネスパーソンを採用しています。

Bizmatesのトレーナーは受講生の英語プレゼンテーション、クライアントへのメール文、会議のファシリテーションといった仕事が効果的にできるよう、サポートしなければなりません。

一般的な英語教師には教えられないことばかりです。

出典元:https://www.bizmates.jp/trainer/interview/

 

2020年におけるオリコンが実施したオンライン英会話における満足度調査というのがありますが、Bizmatesは講師とレッスンの質で第1位になっています。

この調査は、約2,000名のオンライン英会話の受講者を対象にした調査で、非常に信頼性の高いものといえます。(参考:https://juken.oricon.co.jp/rank-online-english/company/bizmates/

 

なお、こちらの記事にてBizmatesのサービスや評判について徹底解説しています。ぜひ合わせてお読みください。

参考受講生の立場からBizmatesの評判を徹底解説!

現在日本には50を超えるオンライン英会話があり、どれを受けようかと悩まれる人も多いと思います。 実際自分もTOEIC890点を取って、外資系で仕事をするようになるまでに、色々なオンライン英会話を受けて ...

続きを見る

 

人気講師の見つけ方

ここからはBizmatesにいる先生の中から、人気講師の見つけ方を紹介します。

人気講師であれば上記のYoutubeに出演されている先生が人気講師になってくるのですが、なかなか予約が取れるのが非常に難しかったり、そもそもすでに退職されている先生もいらっしゃるので、ここでは人気講師が簡単に分かる方法を紹介します。

人気講師が分かる一番簡単な方法は先生の予約状況から判断する方法です。

お二人の先生には申し訳ないのですが、、例を使って紹介します。

先生のレッスン可能時間

まず、「-」のマークは予約ができず、「〇」の時間が予約できる時間であることを意味します。

結論から申し上げると、この二人の先生を比較すると、Mai L先生のほうが人気があるということになります。

というのも、勤務時間外においても予約ができない「ー」マークが出てきます。

つまり、Neyu先生は21:30~の勤務で18:00~21:00の時間は予約で埋まっているのではなく、単に勤務時間外になってきます。

そのため、ある程度ポツポツとした部分しか予約可能になっていない、Mai先生の方がより人気がある講師、ということになってきます。

 

人気講師を見つけるポイントはこの2点です。

ココがポイント

  • 「ー」の状況から先生の予約状況を判断
  • ただし、先生のシフト時間などもあるので、「-」が連続していると単に勤務時間外の可能性がある

⇒予約可能な「〇」が点々としている先生が他の生徒からの予約が入っている人気講師で、「〇」が連続している先生はあまり人気ではない可能性があります。

 

ぜひ、講師選びの参考にしてみてください。

 

自分に合った講師の見つけ方

ここからは、Bizmatesの検索機能を使った自分に合った講師の見つけ方を紹介していきます。

Bizmatesの検索機能には不満があるのですが、ここで紹介する検索方法を使えば、きっと自分に合った講師が見つかるはずです。(自分は見つかりました^^)

 

自分のビジネス経験にあった先生を選ぶ

 

まず1点目が自分のビジネス経験にあった講師を見つけることです。

講師選択画面の「ビジネス経験」から選択することが出来ます。

仕事に関連する専門用語や知識など、日本語でも当てはまりますが、専門知識は経験された先生しか分かりません。

Bizmatesの講師の特徴が「全員ビジネス経験がある」ですが、自分のビジネス経験にあった講師を選びましょう。

このような条件から講師を選ぶことができるのはBizmatesだけです。

色々な先生を受けてきましたが、自分の専門に関する話をレッスン内でするのを希望する場合、自分のビジネスに近い講師を選んだほうが圧倒的に会話の質が違います!

参考

例えば、ある授業で先生の実務経験から、こういったビジネス英語で使う単語を教えてくれました。

SCOPE CREEP is the continuous or uncontrolled growth in a project scope, at any point after the project begins.

 

資格対策が出来る先生を選ぶ

2点目が資格対策などをされたい方向けの講師選択の方法です。

フリーワードについては、講師の名前から選択するところと、自己紹介や事務局からのコメントから選択できる部分の二つあるのですが、後者になります。(講師検索画面だと上記の場所です)

例えばTOEIC対策をしたい場合、上記のようにTOEICと入れて検索します。

そうすると、下記のように「TOEIC」についてコメントがある先生から選ぶことが出来ます。

 

TESOLの保持者を選ぶ

3点目のポイントがTESOLの保持者を選ぶ方法です。

TESOLについて簡単に紹介するとこのようなものです。

TESOL(テソル、あるいはティーソル)とは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略語で、英語教授法という学問領域のことです。つまり、英語を母語としない方に向けて英語を教える方法を学ぶコースのことです。

英語検定やTOEICのような、いわゆる資格試験ではないということに注意しておきましょう。

ただ、大学院として設けられているTESOLコースであれば、修士号や博士号を取得できます。また、TESOLのコースでは、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングといった4つのジャンルから各分野の教授法を学べます。

出典:https://www.kandagaigo.ac.jp/extension/column/tesol/

上記にも書かれている通り資格試験ではなく、英語を生徒に教えるための方法になってくるので一概にはTESOLを持っている=優秀な講師であるとは言えません。

ただし、講師が生徒を教えるために努力をされているという基準にはなってきますし、ある程度の教え方の方法を持っていることを意味しています。

実際に受講してみると、TESOLの資格を持たれている方は、持たれていない講師に比べて文法などの指摘事項が多い印象です。

 

日本語のレベルを確認

まだ英語初心者の場合、全てのレッスンを英語で進めるのは難しいですし、怖い方もいらっしゃると思います。

ぜひ、先生のプロフィール画面にある「日本語の理解」をチェックしましょう。

「まったくわからない」、「挨拶程度」、「単語がわかる」、など先生の日本語レベルを確認することが出来ます。

 

注意ポイント

現在の講師選択画面では、日本語の理解で検索することが出来ないのが欠点です。。

レベルで検索できるのですが、初心者向けのレベルを選んでも「日本語がまったくわからない」という先生も出てきます。

ぜひ、Bizmatesは初心者向けに検索方法の改善をお願いしたいですね!

 

発音を聞いて、英語が聞きやすいか確認

日本語でも人によって話す速度が違ったり、聞き取りやすいや聞き取りにくい、というようなことがあります。

Bizmatesでは講師のプロフィール画面で、先生の音声を聞くことが出来るので自分にとって英語が聞きやすい先生なのかチェックしましょう。

 

おすすめ講師(独断と偏見で)

講師が自分に合っているかどうかは人によって違ってくるのですが、授業の進め方が自分に合っていたり、先生のキャラクターという観点で何名かおススメの講師を紹介します。(随時アップしていこうと思います)

【講師名】Yuna T(ユナ)先生

【ビジネス経験】 営業

【日本語】まったく分からない

【コメント】20年以上の経験を持つ、ベテランの営業・マーケティング担当者。電気通信会社、フリーランスのマーケティング研究者、ケーブル会社、製薬会社、ベーカリー業界、金融機関、ヘルスケア、生命保険および損害保険会社など様々な業界経験が豊富です。

ココがポイント

とにかく優しくて、丁寧な先生です。レッスンを何度か受講していますが、常に明るく接してくれています。

 

【講師名】Tovari(トバリ)先生

【ビジネス経験】 プロジェクト管理、オペレーション管理、マーケティング/宣伝、事務、文書・資料作成/編集/校正、営業、秘書、カスタマーサービス、研究

【日本語】まったく分からない

【コメント】MBAも保持されており、様々なビジネス経験もある先生で講師の経験も豊富です。日常的にアジア人に英語を教えられており、あらゆる英語学習のレベルやニーズを持った受講生の方を的確にサポートすることができます。

ココがおすすめ

アメリカの国籍を持っていらっしゃるので、正しい英語の発音を学ぶことが出来ます。数少ないネイティブスピーカーの一人です。

 

【講師名】 Mau V (マウ)先生

【ビジネス経験】 品質管理、研修/人材育成、プロジェクト管理、マーケティング/宣伝、事務、文書・資料作成/編集/校正、研究

【日本語】まったく分からない

【コメント】大学の先生をやられていらっしゃる方です。IELTS8.0を目指されているので、IELTSの対策をされたい方にとってもおすすめの先生です。

ココがおすすめ

レッスン後にこのような丁寧なフィードバックをもらえます!

BUSINESS EXPRESSION FOR THE DAY

Idioms: Your guess is as good as mine
Meaning: Have no idea, do not know the answer to a question
Example: We just don’t have enough information. Your guess is as good as mine.

Word: Provenance
Meaning:  where something originated or was nurtured
Example: Their aim is to determine the provenance of the audit findings

 

まとめ

Bizmatesの人気講師や、自分に合った講師の選び方について解説してきました。

あらためて整理すると、このようになります。

 

  • 人気講師の選び方

レッスンの予約状況から判断する。予約がポツポツ埋まっている先生がある程度人気のある講師。

  • 自分に合った講師の選び方
  • 自分のビジネス経験にあった先生を選ぶ
  • 資格対策が出来る先生を選ぶ
  • TESOLの保持者を選ぶ
  • 日本語のレベルを確認
  • 発音を聞いて、英語が聞きやすいか確認

 

 

少なくともBizmatesで講師をされている方々は、冒頭にも紹介した通り採用率1%という狭き門を突破された方々なので、それなりのスキルはすでに持たれております。

またビジネス経験がある講師の方々なので、プロフェッショナルに英語を教えてくれるというのは他のオンライン英会話とは明らかに異なります。

ただ相性や好きな人が人によって違い、相性があるように、教え方や英語の発音だったり、自分に合う合わない講師がいるのも事実です。

 

今回の記事が、Bizmatesで受ける際の講師選びの参考になったら幸いです。

 

Bizmatesは2回無料体験を受けることができます。(1回はレベルチェック、1回はレッスン体験です)

ぜひ興味がありましたら、ぜひ無料体験を受講されてみてください。

arrow_downwardarrow_downwardarrow_downward



 

こちらの記事でBizmatesについて徹底解説してます。もしBizmatesについてより詳しく知りたい方はこちらも合わせてお読みください。

 

こちらもCHECK

受講生の立場からBizmatesの評判を徹底解説!

現在日本には50を超えるオンライン英会話があり、どれを受けようかと悩まれる人も多いと思います。 実際自分もTOEIC890点を取って、外資系で仕事をするようになるまでに、色々なオンライン英会話を受けて ...

続きを見る

 

-英語
-

Copyright© キャリア坂~win-winでキャリアを作る~ , 2021 All Rights Reserved.