英語

社会人がオンライン英会話で英語を学ぶメリットとデメリットについて

自分は英語学習をするうえで、通学制の英会話学校に1年以上通い、オンライン英会話にも5年近く通ってきました。

オンライン英会話学校が急成長やCMで目にする機会も多くなり、これから新しくオンライン英会話を使って英語を勉強を始めたいけど、下記のような不安も色々あるかと思います。

  • オンライン英会話って安いけど大丈夫?
  • インターネットを使うけど、声はちゃんと聞こえる?
  • 最初の設定とか大変じゃない?

今回は上記の不安に対する回答と共に、5年以上オンライン英会話を受講した経験からオンライン英会話のメリットとデメリットをまとめました。

ぜひ、最後まで読んでいただいて、皆様の英語勉強のサポートになったら幸いです。

こんな方におすすめ

  • これから英語学習を始めたいけど通学制とオンライン英会話のどちらがいいのだろう?
  • オンライン英会話のメリットを知りたい
  • オンライン英会話のデメリットを知りたい

 

 

オンライン英会話のメリット

それでは、オンライン英会話のメリットから詳細を解説しています。

どこでも受講が可能

オンライン英会話の1つ目のメリットが、ネットワーク環境があればいつでもどこでも受講可能ということです。

オンライン英会話のほとんどの実施方法がSkypeになります。

SkypeはほとんどのPCに標準装備されており、万が一ソフトが無くてもマイクロソフトのサイトから簡単にインストールできます。

大手のオンライン英会話になると、独自のソフトを使って会員サイトにログインさえしてしまえばレッスンが可能です。(最近はアプリからログインするだけで授業に出ることもできます)

Skypeは携帯などのモバイルデバイスにもアプリをインストールすることも可能なので、家や外出先などいつでもどこでも受講が可能です。

自分も受けるときはKindleにSkypeをインストールして、レッスンを受講しています。

朝早く会社に来て、会社でオンライン英会話を受けているような同僚もいました。

オンライン英会話はレッスンを受ける環境に広い自由度があるのがメリットです。

 

値段が安い

オンライン英会話の2つ目のメリットが、値段が安いということです。

この後にも書きますが、オンライン英会話の基本レッスン形態は1対1になってきます。

通学した場合とオンライン英会話でマンツーマンの料金を比較すると、数倍の違いが出てきます。

通学した場合大体40分でオンライン英会話学校が25分なので、25分辺りの比較が一番右側の列です。

レッスン料金 25分辺りの金額
通学 1レッスン(40分)4,000円~6,000円 2,500円~3,750円
オンライン英会話学校(ネイティブ) 1レッスン(25分)1,000円~2,000円 1,000~2,000円
オンライン英会話学校(フィリピン) 1レッスン(25分)数百円 数百円

こういったレッスンの値段を決める決定要因は講師の人件費とオフィスのレンタル料金になってきます。

通学の場合、オフィスを都内に借りる必要がありますが、オンライン英会話になると講師が自宅からレッスンをするのが一般的です。

また人件費も大きい要因です。

通学といっても、日本で働く場合は、先生に対しては日本レベルの賃金を支払う必要があります。

フィリピン系のオンライン英会話の金額が圧倒的に安いのは、先生がフィリピンから指導しているためフィリピンの平均賃金がベースになってきます

昨日受けた先生もセブ島に住まわれている話をしていました。

年収で見ると、日本の平均年収が400万円とであるのに対してフィリピンの平均年収が130万円なので、1/4の金額になってきます。

こういった値段の安さが、オンライン英会話を選ぶ2つ目のメリットになります。

 

早朝から深夜まで対応している

オンライン英会話の3つ目のメリットが、早朝から深夜まで開講しているということです。

通学になってくると通勤時間の観点もあって、早くても朝7時からということになりますが、24時間開講しているようなオンライン英会話学校も多いです。

様々な勤務形態の方でも自由にレッスンを受講することが可能になってきるのは、大きなメリットです。

 

1対1のレッスンが基本

オンライン英会話の4つ目のメリットが、1対1のレッスンで受けることができるということです。

自分が好きな英語学習の考え方を引用しますが、大人になってから英語を学ぶためには相応の努力が必要になってきます。

グループレッスンで周りの人を聞いている時間を使っているなら、同じ時間でたくさん英語で会話をして、色々な失敗をして正しい英語を学ぶのが一番の近道です。

言語教育学上、0~10歳時を「言語形成期」と呼び、「体験的に言語を習得する能力」を多く持ち合わせた時期とされています。一方、10歳時を過ぎると「体験的に言語を習得する能力」は失われていき、逆に「論理的に言語を習得する能力」が上回ります。

つまり、私達が日本語の会話を苦労せず自然に体得できたのは、0~10歳時の「言語形成期」という特殊な時期に日本で生まれ育ったからです。このことを知らず、英語・英会話においても同様に自然体得を重視し、単に海外体験や外国人と接する機会を多く持つことに依存した見様見真似の体験学習を偏重する人がいます。しかし、「言語形成期」を過ぎれば「体験的に言語を習得する能力」は失われており、これでは成果は望めません。

「言語形成期を過ぎた人」は「論理的に言語を習得する能力」を用い、英語を話すための理論を学ばなければならないのです。よって、NCC(東京新宿本校)では語学学習者の大多数を占める「言語形成期を過ぎた人」を対象に「理論演習」を重視しています。

https://www.ncc-g.com/page2.html

オンライン英会話は、1対1が基本の授業方式のため、非常に効率的に英語を学ぶことができます。

先生も間違いがあったらSkypeや使っているレッスン履歴が残るサイトにメモを残してくれることがほとんどで、授業で先生が書いてくれたメモを後から復習することもできます。

25分間の授業があっという間に過ぎ去っていくと同時に、授業には先生と自分しかいないので英語で必死に伝えようとするために脳に汗をかくのを実感します。

そして失敗してもほかに生徒がいないので、分からなければ遠慮なく分かりませんと先生に伝えることも、もちろんできます。

1対1の環境でレッスンを受けることができるのが、オンライン英会話の4つ目のメリットです。

 

リスニング力が向上

オンライン英会話学校をおススメする最後のメリットが、リスニング力が向上ということです。

メラビアンの法則というものがありますが、人間が会話をするとき、視覚からの情報が55%、聴覚からの情報が38%、言語情報が7%という法則があり、会話において多くは視覚情報に頼っていることになります。

オンライン英会話になってくると視覚情報が圧倒的に減ります。

最近は通信環境の発展もあってビデオ通話が基本になってますが、オンライン英会話だと聴覚からの情報がとても重要になってくるので、リスニング力が鍛えられることになります。

究極にリスニング力を高めたければ、先生にビデオをオフにしてほしいことを伝えれば口の動きも全く見れないので、聴覚からの情報に頼らざるを得ませんので、リスニング力の向上が期待できます。

 

実際のビジネスに即した環境で勉強ができる

これはビジネス英語を勉強されたい方に対して、特に当てはまってくる内容になってきます。

コロナ禍において、オンライン会議が増えてきていますが、ビジネスにおいて英語を使う機会を考えてみると海外の人とやり取りをすることが多いです。

そう考えると、電話会議やビデオ会議のようなリモート環境で英語を使う機会が圧倒的に多いと思います。

オンライン英会話では、対面形式ではなくリモート環境での英語のレッスンになりますので、実践に即しているといえます。

 

オンライン英会話のデメリット

ここまでオンライン英会話のメリットを伝えてきましたが、もちろんデメリットもありますので、オンライン英会話のデメリットを紹介します。

 

通信環境に弱い

Typhoon Aftermath in the Philippines - YouTube

数年前にフィリピンに巨大台風が直撃した時の写真

参考:https://www.google.com/imgres?imgurl=https%3A%2F%2Fi.ytimg.com%2Fvi%2FLNjCfjADXew%2Fmaxresdefault.jpg&imgrefurl=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DLNjCfjADXew&tbnid=8CeVHm0DgVmIYM&vet=12ahUKEwjGkqud5rnpAhURD6YKHYRVA18QMygcegQIARA_..i&docid=eK_QJn_w6ug8kM&w=1280&h=720&q=philippines%20typhoon&ved=2ahUKEwjGkqud5rnpAhURD6YKHYRVA18QMygcegQIARA_

オンライン英会話の一番のデメリットは通信環境に弱いということになってきます。

授業がオンラインで実施されるので、回線速度が重要になってきます。

もし家の回線環境がよくなかったりすると先生の音がきれいに聞こえなかったりすることもあったり、先生側の通信環境にも左右されるので、自分側の回線は良くても先生側の環境が良くなければ、授業がスムーズに進まないこともあります。

フィリピン系のオンライン英会話学校になると安いのもメリットですが、通信環境のようなインフラが弱いところもあります。

またフィリピンは台風が直撃する場所でも知られているので、台風等による自然災害の脅威とはうまく付き合っていく必要があります。

学校側もこのような事態に備えて、「授業が上手く進まない場合は返金」などの対応もあるので、その点は安心頂ければと思います。

 

モチベーション維持が難しい

オンライン英会話のメリットとしていつでもどこでも受講可能という部分を説明しましたが、逆にデメリットに感じてしまうことがあるのでデメリットとして上げました。

在宅ワークでオフィスのメリットを感じる人も多いかもしれませんが、「ある場所」に行くことでモチベーションが保たれるというのがあります。

家でオンライン英会話学校のレッスンを受けようとすると、どうしてもだらけてしまうことがあり、「今日は疲れてるからいいっか。。」とレッスンをキャンセルしてしまうことを何度か経験しました。。

学校に行けば勉強するしかないのでモチベーション維持をすることができますが、難しく感じるのでデメリットに挙げました。

キャンセル期限を過ぎて1レッスン消化することになっても、値段が安いので、あまり損に感じないのも逃げやすい原因です。

 

オンライン特有の環境

これは人によって色々感じる点があると思います。

オンライン英会話のデメリットの一つ目に回線環境に依存する点を書きましたが、コロナ禍においてオンライン飲み会やWeb会議のようなものがあって、オンラインで行うことのメリットとデメリットが色々と出てきます。

人によってはオンラインそのものが合わないという人もいると思います。

「オンライン英会話」という以上オンラインでのやり取りが基本になってきます。

人との直接のコミュニケーションを大事にしたいという人もいらっしゃると思いますので、オンライン特有の環境が苦手の方はデメリットになってきます。

 

オンライン英会話のQ&A

メリットとデメリットを解説してきましたが、冒頭にも書いているようにオンライン英会話に対する不安がある方もいらっしゃると思います。

自分の経験をもとに、Q&A形式で解説していきたいと思います。

オンライン英会話って安いけど大丈夫?

安い理由は、人件費の安いフィリピン系の先生が多いのと、家賃がほとんどかからないためです。

レッスンが自分に適しているかどうかは、無料レッスンを受ければ分かりますし、本ブログやこちらのランキングで高いオンライン英会話は安心できます。

どのオンライン英会話でも無料体験レッスンがありますので、ぜひ受けられてみてください。

オリコンによるオンライン英会話ランキング⇒https://juken.oricon.co.jp/rank-online-english/

 

インターネットを使うけど、声はちゃんと聞こえる?

インターネットの回線状況によって時々聞こえにくくなることもありますが、数か月に1回程度です

講師が家から参加のタイプと、オフィスから参加のタイプのオンライン英会話があります。

不安な方は「講師がオフィスから参加」のタイプのオンライン英会話を選んでいただければ、安心してレッスンを受けることが出来ます。

 

最初の設定とか大変じゃない?

最初にインストールさえしてしまえば、後は簡単です

オンライン英会話は「Skype」か「独自システム」を使うという2タイプがあります。

最初の設定が面倒な方は、独自システムがあるオンライン英会話をおすすめします。

独自システムを使う場合、オンライン英会話のサイトにログインするか、最初にアプリをインストールしてしまえばアプリから参加することが可能です。

 

フィリピン人の先生は大丈夫?

大丈夫です。

フィリピンでは英語が公用語として話されています。

以前に働いていたアメリカの会社では、英語の問い合わせ先がフィリピンに拠点がありました。

色々な多国籍企業が英語のサポート対応やお客様センターなど、フィリピンに拠点を置いているのですが、フィリピン人は高い英語力があります。

もちろん公用語になってくるので、ネイティブとは発音や使う単語が違ってくるのがデメリットにはなってきますので、そのような方はネイティブの講師をえらぶオンライン英会話が選択肢になってきます。

  • 安くても、ある程度の英語が学べるフィリピン人講師を選ぶか?
  • 高くても、ネイティブの講師から英語を学ぶか

この辺りは、オンライン英会話選びの基準になってきます。

社会人がオンライン英会話で英語を学ぶメリットとデメリットについての総括

以上のようにオンライン英会話について5つのメリットと3つのデメリットを書いてきました。

改めてまとめますと、このようになります。

【オンライン英会話のメリットとデメリット】

【メリット】

・どこでも受講が可能

・値段が安い

・早朝から深夜まで対応している

・1対1でのレッスンが基本

・リスニング力が向上

・実際のビジネスにそった環境で英語を勉強できる

【デメリット】

・通信環境に弱い

・モチベーション維持が難しい

・オンライン特有の環境

 

自分が英語を始めた当初は、オンライン英会話も普及しておらず、英語学習初期は通学制の英会話学校に通い、ある程度話せるようになってきてからオンライン英会話に通うようになりました。

値段の安さに代表されるメリットもありますが、やはりオンライン英会話においてもデメリットがあるのも事実です。

コロナ禍においてオンラインでやるオンライン●●が苦手という人もいらっしゃると思いますので、自分に合った方法を見つけて頂ければと思います。

どのオンライン英会話学校も必ず無料トライアルが用意されていますので、気になっている方はぜひ受けるのをおススメします!

 

こちらの記事にて、おすすめのオンライン英会話と共に、「自分にあったオンライン英会話を選ぶための外せない10のポイント」を紹介しています。

ぜひ、オンライン英会話に興味がある方は合わせてお読みください。

こちらもCHECK

継続できるオンライン英会話の選び方。これは必ずチェック

今やオンライン英会話の数は少なくとも50社以上あるような状況です。 (参考:オリコンによるオンライン英会話ランキングの調査) 50社以上もある中、オンライン英会話をどうやって選べば分からないという人も ...

続きを見る

-英語
-

Copyright© キャリア坂~win-winでキャリアを作る~ , 2021 All Rights Reserved.