スキルアップ

未経験でもTableauが使えるようになるUdemy講座

 

転職先の会社でTableauを使うプロジェクトがあったので、転職を機にUdemyのオンライン講座を使用してTableauの勉強をしました。

その結果、約1か月程度で自分でTableauを使ってダッシュボードを作れるようになり、3か月後ぐらいにはTableauで作ったダッシュボードを現場に展開できるようになりました。

データ可視化ツールにおいていまやトップツールになったTableauですが、未経験の方でも無理なく簡単に勉強できるUdemyの講座を2つ紹介します。

どの講座もレビューによる一定の評価をもらいつつも、自分が受講した講座の中でも分かりやすく、すぐに結果が出たものです。

会社でTableauを使い始めたり、Tableauでかっこいいグラフを作れるようになりたい方にとって、おススメの記事になっています。

 

こんな方におすすめ

  • Tableauを早く使えるようになりたい
  • ダッシュボードをTableauで作ってみたい
  • Excelよりかっこいいグラフを作りたい

 

Udemyとは

Udemyは米国Udemy,Inc.が運営するプラットフォームで日本ではベネッセが事業パートナーとして協業をしており、2009年にできた世界最大級のオンライン学習プラットフォームです。

全世界で5万7千人のインストラクターが約15万の講座を開設しており、受講者数は5,000万人に達します。会員数も急成長しております。

値段についても数万円するような講座もあるのですが、定期的に値下げを行っており、人気のある講座は大体1,000~2,000円程度で受講することが可能です。

一度購入すれば視聴制限なく視聴することができるのもとてもおススメです。アプリもあるので、モバイル環境で外出先でも確認することができ、ダウンロードすればオフラインでも視聴が可能です。

2020年2月にベネッセホールディングスが55億円の資金提供をすることが発表され、日本における導入事例としても、トヨタ自動車株式会社、ソフトバンク株式会社、みずほフィナンシャルグループなどの大手企業を含む約100社が導入しています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000783.000000120.html

もう少しUdemyについてこちらで細かく書いてあるのでお時間のある方はお読みください

【年収もアップ!】オンライン学習にUdemyをおすすめする7つの理由

  Pythonや機械学習、ExcelなどITスキルを高めるために勉強を始めたいけど、こういう悩みを抱えているいる方はたくさんいらっしゃると思います。自分もそうでした。 特にコロナ禍において ...

続きを見る

 

Tableauが勉強できるのUdemy講座

ここからUdemyの中から、Tableauの勉強を始めたいかたにお勧めする講座を紹介していきます。

 

データサイエンティストを目指す人のための『ゼロからの Tableau 入門』

【サイト】データサイエンティストを目指す人のための『ゼロからの Tableau 入門』

【講座時間】11.5時間

【学べること】Tableauの概念、Vizの作成、ダッシュボードとストーリーの作成

 

まず一つ目がTableau JEDIとしてご活躍されている木田さんの講座です。Tableauについての基礎知識、基礎操作方法、複数のデータソースへの接続、複数のチャート作成方法などを学ぶことができます。

11.5時間という長時間の講座ですが、とりあえずこれを最後まで見ればTableauの中級レベルにはなれるのでは、というないようです。

長時間の講座でもUdemyであれば、本のようにいつでもすぐに確認することが出来ますし、分からなくなったところはUdemyのブックマーク機能を使ったりしてメモしておけばすぐに復習できますので、Python所学者はまずこの講座を購入しておけば間違いない!という講座です。

参考:Udemyのブックマーク機能

動画の再生途中に気になるところがあると思います。本でいうとアンダーラインに相当してくるものです。

そういったとき、ワンクリックで下記のように簡単なメモと共にブックマークする機能があります。こういったブックマークは後で一覧になって表示されるので、振り返りがとても楽です。

 

 

Tableau Expert: Top Visualization Techniques in Tableau 10

【サイト】Tableau Expert: Top Visualization Techniques in Tableau 10

【講座時間】5.5時間

【学べること】様々なグラフ作成のテクニック(Viola Chart, Likert Scale, Sankey Diagram,)、インタラクティブなダッシュボード作成

正直一つ目だけみておけばTableauは大丈夫なのですが、ここは応用編でデータ可視化の講座になります。

ダッシュボードでデータを表現するときなど、一段上のかっこいいグラフで表現したいという考えを持つ方向けの講座です。

Tableauの欠点として、基本チャート以外のグラフを作る場合、かなり複雑なテクニックがいりますが、この講座ではそういったグラフの作り方を教えてくれます。

英語の講座になってきますが、Tableauの操作などは見た内容を動かせばいいだけなので、意外とわかります。

  • Viola Chart

  • Likert Scale

  • Sankey Diagram

 

Tableauを使いこなしたい分析者のための『ゼロからの Tableau Prep 入門』

【サイト】Tableauを使いこなしたい分析者のための『ゼロからの Tableau Prep 入門』

【講座時間】5時間

【学べること】Tableau Prep

最近はTableau Prepでデータを準備して、Tableauでデータを可視化するという流れがあります。

Tableau Prepが使えることで、Tableau活用の幅がかなり広がってきますが、こちらの講座では、データプレパレーレーション、Tableau Prep、Tableau Desktopについて知識があることを前提としておらず、全くの白紙状態から受講することが出来ます。

 

Tableauが使えると

色々な会社でTableauが導入されており、いきなり上司から、「明日からうちの部署でもTableauを使ってデータ可視化することになったら、●●さんこれから勉強してみて」なんて無茶ぶりが来る可能性もあります。

本格的にTableauを使いこなすようになると、Google AnalyticsやSQLなどのような専門性の高いスキルが求められることもありますが、Excelで管理しているグラフをTableauで可視化するだけでもそれは大きなスキルと言えます。

散布図をエクセルで表現するとかなり制限がありますが、Tableauなら一発で簡単にきれいな散布図を書くことができます。

TableauはTableau Publicという無料で使えるソフトもあるので、自分で簡単にTableauを使うことができます。

(Tableu Public => https://public.tableau.com/ja-jp/s/download)

TableauとExcelを使いこなせるようになるだけでも、それは大きなスキルであるといえます。

このようなデータ可視化スキルを持っておくのは、社会人にとって必須スキルに一つでもあると思うので興味がある方はぜひ紹介した講座を受けてみてください。

-スキルアップ
-

Copyright© キャリア坂~win-winでキャリアを作る~ , 2021 All Rights Reserved.